2018年07月13日

道楽なスポーツを多く報道し、西日本の豪雨やパチンコ被害を大きく報道しない左翼なマスコミこそ問題がある

タイの洞窟で閉じ込められたサッカー少年の報道を、外国なのに大きく報道しているマスコミがいる。しかしこれの原因は、自分が洞窟に行きたいからという、身勝手な話だ。

助かったら焼肉を食べさせてやるやら、プロの試合を一生見せてやるやら、医者に健康問題上とめられるのも分かっているのに、W杯に招待してやるやらと、行き過ぎた風潮がはびこっている。

タイという国が、まだちょっと前までは政情不安で、発展途上だったことがよく分かる話だ。そしてサッカーしかしていない元プロを、政治や経済のリーダーとして、受け入れる危険性も分かる。危険なタックルをした大学チームも同じ体質だろう。

こうなると真似をして、不幸なふりをする奴が出てくるだろう。これは左翼の生活保護をパチンコなどをしているのに受給する、パターンと同じだ。マスコミはこれらも不幸な人だとして、擁護する。

方や今の日本は西日本の水害で200人以上の死亡者が出るなどの、世界的や過去から見ても、最悪な状態に陥っている。ちょっと前には大阪地震があり、外国やスポーツなどという、国内のこの重大事からして、日本からして無関係な問題など取り上げている暇がどこにあるのだ?

こういうと左翼な政治家が「カジノより国内の災害の方だけ対策しろ」と国内の災害を悪用する。だが、カジノは観光客誘致なので、被災地でも今後使える有効な方法だ。被災地こそ、長期的には観光客を望むのだ。

被災地というのは福島の原発事故などを見ても、農業などが復興しようとすると福島産の食品を、韓国や左翼らが証拠も無く放射能が含まれて危険だという、風評被害で営業妨害をする。

しかし放射線調査をすると、福島よりも外国産の方が多いが、これもマスコミは妨害者の嘘つきで、大麻を解禁しろなどの便乗な反原発デモよりも報道しない。

まずは道楽なスポーツというか、北朝鮮の軍資金になりパチンコ屋の駐車場に置き去りによる、子供の熱中症などによる死亡を増やしているパチンコを禁止し、その資金を西日本の災害の復興資金として寄付しよう!

マスコミはパチンコ屋がスポンサーなので、こういう善行や正義は言わない。左翼なマスコミは偽善者だ。


著者:城神YU  初版:平成30年 皇紀2678年(西暦2018年) 7月13日 金曜日




posted by 城神YU at 16:15| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。